萩焼用語集‐其の弐‐萩焼窯元緑栄窯(りょくえいがま)

萩焼窯元 萩焼 緑栄窯(りょくえいがま)松野創平

萩焼用語集‐其の弐

萩焼用語集‐其の弐

萩焼用語集‐其の壱  萩焼用語集‐其の参  萩焼用語集‐其の四

著:山口県立萩美術館・浦上記念館 主任学芸員 石崎泰之

萩焼用語 萩焼用語

釉調(ゆうちょう)
施釉して焼成された器物の、表面の状態をいう言葉。主に釉面の質感や視覚的効果から得られる美感を対象として用いられる。

萩焼用語

土灰釉(どばいゆう)
雑木(マツ、クヌギ、ナラ、イスなど)を竈などで燃やした灰を媒溶剤に用いた透明釉。木灰釉ともいう。
「萩焼」の場合、長石との調合比率は、柄杓合わせで五対五が一般的だが、製作目的に合わせて調整がされる。

萩焼用語

長石釉(ちょうせきゆう)
温かみのある乳白色の釉。萩の場合、単味で使用されることはほとんどなく、長石十に対して土灰が二〜五の割合で混和される。かつて、原料の長石は防府市牟礼産の浮野長石や萩市小畑産の長石が使われたという。

萩焼用語

枇杷釉調(びわゆうちょう)
透明釉をいわゆる酸化炎で焼成すると、胎土と釉が反応して淡黄色に明るく発色する。茶碗の場合、枇杷の色に似ているところからこれを枇杷釉調と称する。

萩焼用語

攻め焚き(せめだき)
焼成の段階で、器物の釉が熔けてから、大量の薪を短時間のうちに投入して、窯の中の雰囲気を還元状態にすること。

萩焼用語

藁灰釉(わらばいゆう)
土灰釉に藁灰を調合した失透性の白濁釉で、「萩焼」を代表する釉の一つ。白萩釉、白釉、藁白ともよばれる。萩のほか、唐津をはじめ上野、高取、薩摩など、十六世紀末から十七世紀初頭にはじまったとされる朝鮮系西日本諸窯を特徴付ける釉である。そのため、朝鮮半島から移入された技術と考えられてきたが、韓国南部諸窯址からの明確な資料はない。近年は、中国の福建省や広東省の民窯の技法との関わりを指摘する見方もある。

萩焼用語

休雪白(きゅうせつじろ)
三輪窯十代休雪(休和)と十一代休雪(壽雪)の兄弟が、藁灰釉を改良して開発した釉。厚みのある、失透性の純白色の釉調を特徴とする。

萩焼用語

貫入(かんにゅう)
釉面にできた罅割れ(ひびわれ)のこと。釉と胎土(素地)の熱膨張の差によっておこる。釉としては、欠点といえる現象だが、これを装飾的効果ととらえれば、鑑賞上のポイントとなる。

萩焼用語

高台(こうだい)
器物の底部にある台のこと。器体底部を削り出して成形した削り高台と、別に粘土を成形して器体に貼り付けた付け高台とに大別される。

萩焼用語

畳付(たたみつき)
器物の底部のことで、直にたたみに接する部分を指していう。本来は、糸切りや板起こしの底をもつ、茶入や水指の見所として用いられたが、茶碗などの高台底部についてもいわれるようになった。

萩焼用語

見込み(みこみ)
碗・皿・鉢などの口が大きく開いた形の器の内面をいう。とくにその中央部を指してよぶことが多い。

窯元

窯元タンブラー 萩焼タンブラー名前入りオリジナル‐贈り物、プレゼントに

窯元湯のみ 夫婦湯のみ茶碗‐木箱にメッセージ入りオリジナル萩焼セット

窯元

このページのTOPへ